FOOD

おすすめ取り扱いフード

1.ADICCTION(アディクション)


アディクションってどんなフード?

ADDICTIONは、
◯安心クリーンな畜産国 ニュージーランド産
◯アレルギーによって皮膚トラブルや病気..苦しむ子達..少しでも改善したい!という獣医師と栄養学者によって作られたフード

アレルギーの配慮としては
①低品質、粗悪な処理の肉を使わない
②合成保存料(BHA 等)・着色料・香料を使わない
③小麦やトウモロコシなどのアレルギー反応の出やすいカサ増し目的の穀物を使わない

という高品質食いつき抜群アレルギー対策に特化した安心安全なフードです


ラインナップ

【DOG ドライフード】
1.  ル・ラム  (ラム肉)

☆特徴
フリーレンジのラム肉を使用  (フリーレンジ=放し飼い=ストレスフリー=ホルモン剤・ステロイド投与×)
タンパク質 22%以上 (運動量の少ない小型犬には適度な分量)
脂質13% (少し高めではあるが嗜好性は高い)
もちろんグレインフリー
酸化防腐剤もローズマリーなど天然のエキスを使用
4つの中で1番低価格なので 高品質なグレインフリーフード(アレルギー対策)を取り入れやすいという魅力

体重3kgのわんちゃん       1回の食事25g 約60円
体重5.5kgのわんちゃん    1回の食事56g 約120円
体重11.5kgのわんちゃん  1回の食事113g 約223円

1.8kg 3600円
→3kgのわんちゃんで約30日分
→5.5kgのわんちゃんで約15日分

2.  サーモンブルー  (サーモン)

☆特徴
オメガ3脂肪酸が豊富なサーモンを使用  (近年脂肪酸の欠乏による不調が多いが、脂肪酸は食事で補わなければいけない。特にオメガ3(EPA・DHA・ALA)は少量しか入っていないフードが多い)

タンパク質 24%以上 (適切な運動量の小型犬に理想的な分量)
脂質13% (少し高めではあるが嗜好性は高い)
もちろんグレインフリー
酸化防腐剤にミックストコフェノールを使用
4つの中で唯一の魚タンパク源なので チキン・牛肉・ラム肉などの肉アレルギー対策にバッチリ

体重3kgのわんちゃん       1回の食事30g 約67円
体重5.5kgのわんちゃん    1回の食事56g 約133円
体重11.5kgのわんちゃん   1回の食事113g 約250円

1.8kg 4000円
→3kgのわんちゃんで約30日分
→5.5kgのわんちゃんで約15日分

3.  ワイルドカンガルー  (カンガルー肉)

特徴
高タンパク・低脂肪・低アレルゲンで注目の カンガルー肉を使用
オメガ6脂肪酸の共益リノール酸が最も豊富で体脂肪を燃やしたダイエット効果、またスポーツパフォーマンス向上効果にも期待
また野生のカンガルー肉は成長ホルモンなどの汚染が全くありませんので安心のタンパク質源とも言えます
タンパク質 22%以上 (運動量の少ない小型犬には適度な分量)
脂質11% (理想的な配分)
もちろんグレインフリー
肥満対策にバッチリ!!どんなタンパク源より体に油を溜め込みにくいカンガルー
アレルギーが出ずらいタンパク質でもあるので、アディクションでも推していますが、個人的にも一番おすすめです!!

体重3kgのわんちゃん       1回の食事25g 約82円
体重5.5kgのわんちゃん    1回の食事56g 約163円
体重11.5kgのわんちゃん  1回の食事113g 約306円

1.8kg 4900円
→3kgのわんちゃんで約30日分
→5.5kgのわんちゃんで約15日分

4.  ビバ・ラ・ベニソン  (鹿肉)

特徴
高タンパク・低カロリー低脂肪・低アレルゲンでおなじみの鹿肉を使用

コレステロールが少なく、陸上生物に珍しくDHAも多く含まれている
タンパク質 26%以上 (運動量が多い犬に適しています)
脂質14% (少し高めではあるが嗜好性は高い 標準体型または痩せ気味の子に向いている肥満の子には適さない)
もちろんグレインフリー
4つの中では高タンパク運動量の多い子や痩せ体質に向いているフード
プロバイオティクスも配合しているので腸内環境を整えるのにも最適
アレルギーが出ずらいタンパク源として近年価格が上がっている中、アディクションではまだお求めやすい価格

体重3kgのわんちゃん       1回の食事25g 約82円
体重5.5kgのわんちゃん    1回の食事56g 約163円
体重11.5kgのわんちゃん  1回の食事113g 約306円

1.8kg 4900円
→3kgのわんちゃんで約30日分
→5.5kgのわんちゃんで約15日分